ポケッタブルエアバンドレシーバ- HRD-737

中国製のポケッタブルエアバンドレシーバーを買いました。使い道やちょっと進んで改造などをやってみます。

航空無線について各種情報を調べてみました

今日は。

 

ポケッタブル受信機でエアバンドが聞けるということでアマゾンで受信機を買い、大阪国際空港近辺の自宅でワッチしています。また、コロナ外出規制までの休日には空港近辺までサイクリングで出かけ受信してみました。

 

 今までエアバンドレシーバーと言うと本格的に数万円もしたものが、何と一桁も安く入手できます。見た目もAM/FMラジオのテイスト。しかし、機能的、性能的にはそれなりで、お安い。「HRD-737中華製ポケットラジオ」


さて、航空無線についておさらいをしてみます。

 

ちょうど国土交通省航空管制官公式ホームページに説明がありましたので紹介します。

www.mlit.go.jp

 

次にレシーバー買ってまず必要な情報は周波数だと思います。近所の空港に離着陸する飛行機が空港の管制塔などの無線局との間でやり取りする周波数に付いてはこのWEBに紹介されていますので、参考にされてはどうでしょうか。

airband-japan.jimdofree.com

次に、エアバンドレシーバーを持っていなくてもインターネットラジオ式に聞けるサイトを知りました。全国主要空港に受信サイトが置かれていて、ITM(大阪国際空港、伊丹の略)も当然あります。いつもワッチしている118.1MHz大阪タワーが傍受できます。飛行機ののっているときでもWIFIでつながるならワッチできるというのが売り文句ですね。

航空無線 エアバンドがスマホで聴ける無料サイト:LiveATC


ここで脱線しますが、もうひとつ、データ通信の航空無線があります。飛行機の位置は航空管制の必要性から飛行機から常に放送通信されています。ACARSといいます。
Aircraft Communications Addressing and Reporting Systemの頭文字をとったもので、航空機と地上局の間でデータをやり取りするシステムです。ちょうどアマチュア無線におけるパケット通信に似ています。この情報をWEBサービスするリアルタイムフライト追跡があります。
更にADS-Bと言うサービスもあるのですが、今のところ不勉強なので、追って調べてみます。詳しい情報が次のサイトに集められています。(感謝!)

www.ne.jp

 

まあ、色々サービスなどあるのですが、結局のところ、簡単に受信でき、持ち運びもらくちんということで、このポケッタブル受信機を片手にしばらく遊んでみることにします。

 

 

nobcha23.hatenadiary.com